2008-10-29 栃木。紅葉。万歳。 栃木県日光周辺

本日は、定休日。と言う事で、念願の、と言うか、人生初の、紅葉狩りツーリングへ行ってまいりました!
こんな行動をとるようになるとは。オッサンになったな。。。確実に(笑)

先ず向かうは、栃木県の

日塩もみじライン。道の名前に「もみじ」を掲げている以上、避けて通るわけにはいきませんね!
この道、何度も通っていますが、気付けば紅葉の季節に走った事はありませんでした。
最後に通った時の様子は
コチラ

っで、肝心の日塩もみじラインの紅葉の進行具合は、

モミジは後一歩!他の木々は、

良い感じに色付き、気持ちよ~く駆け抜ける事が出来ました。
普段なら、遅い車はさっさとパスして抜き去りますが、本日は、そんな遅い車の後ろについても、緩~く、景色を

堪能。遅い車に対しての苛立ちなど皆無。
寧ろ、遅く走ってくれてありがとう。と感謝の気持ちが芽生えるほどです(笑)

日塩もみじラインを走った後は、赤く染まった奥鬼怒の林道を、走りまくり。
その中でも、奥鬼怒と奥日光を結ぶ奥鬼怒林道は、紅葉のタイミングがバチバチ合って

最高でした!!!
赤く染まった視界の中を、走って、走って、走りまくって、ふと上を見上げると

万歳。

何だか臭いですが、キレイな光景の中を駆け抜けている時っちゃ、くだらない事など頭の中に1つも湧き上がってこないで、目の前の世界に夢中になって、ほぼ、無心で走れちゃいますね。
遅すぎるペースでも、速すぎるペースでも、駄目なんですよね~。こういうのって。
個人的に感じた事ですが、このベストなペースを味わえるのが、ベスパなのかな?などと思ったり。
この、ベストな走るペースってのは、当然、人によって違いますが。
以上、これ以上書くと本当に臭い文章になってしまうので、以下、普通の現実世界に戻ります。

奥鬼怒林道を抜けると、戦場ヶ原へ。
ここは、既に紅葉の時期を終えて、冬に向った佇まい。
荒涼とした風景が。
ここからは、観光渋滞・・・
平日は平気かな?などと思っていたんですが、そうもいかないご様子で。
まっ、日光紅葉狩り。ってのは、ベタなコースなもんでしょうがないですね。
戦場ヶ原から先も色々と見たいところはテンコ盛り。だったんですが、渋滞にメゲ、以前訪れて、紅葉の時期の姿を絶対に見てみたい!と思っていた裏見ノ滝
を再訪。

っも、ここも人が引っ切り無しに訪れるようで。
紅葉シーズン。自分も、それに乗っかった1人(笑)
ユックリ眺めたい。などと思っていたんですが、サラッと眺めて引き上げる。
何故なら、こんな所に1人で来ている人は、自分以外居ない訳で、記念撮影シャッターを押す係りに命じられまくって、ゲンナリ。
散々シャッター押したわりに、自分のカメラで撮った写真は、一発勝負。結果、負けましたが(笑)
他の方々の邪魔にならないようにサラリと去りました。
実は、ゆっくり滝を眺めたい。と思っていたんで、どうしても諦めきれずに一回Uターンして戻ったんですが、やはり、人の波は切れずに、諦めモード。その時も何枚か撮ったんですが、ここだ!ってな場所には人が居て残念賞。まっ、何だかんだ言いつつ、紅葉に染まった裏見ノ滝を観れて満足!
写真撮った所で、見返す時はありませんから。
この目で見とけばいいですね。

あっ、今回のツーリングでは、食べ物にあまり興味の無い自分にしては珍しく、

を食べてみました!
これは、牛丼。ではなく、熊丼(笑)
冷え切った体に、熊の肉突っ込み、暖かい味噌汁飲んでポッカポカ!
熊の肉ってのは、臭みが強くて独特な感じなのかな?何て予想していましたが、いざ食べてみると、コリコリとした食感が悪く無いですね!
熊肉を食したお店は

またぎの里

熊だけではなく、鹿、雀、山椒魚、鴨なども食べれます。
他のメニューは

こんな感じ。
熊ラーメン。気になりますね~(笑)
一番気になるのは、山椒魚の串焼き。
熊丼食べてまだお腹に余裕があるようなら食べてみようと思っていたんだけど、熊丼だけでお腹一杯。
山椒魚の串焼きは、次回、ここを訪れた時に挑戦してみま~す!

心も、お腹も満腹。で満足。となった今回のツーリング。
っが、帰り道は、通り雨にやられて

ビショビショ(涙)
よりによって、国道4号バイパスを走っているときに降ってきやがり、非難する場所も無く、アウターとして着ていたモッズパーカーを通り越し、雨水はインナーまで・・・
合羽着る暇も無く撃沈。。。
この後、自宅まで雨雲は付いてきてくれて、結局、びしょ濡れなまま駆け抜けた帰路の2時間・・・
秋の冷たい空気の中を駆け抜けたもんで、引きずりっぱなしな体調不良が悪化しそうな予感が・・・
ヤバイ。
酒呑んで体の芯から暖めなければ。
オヤスミナサイ。
雨さえ降らなきゃ最高な一日となったんですけどね~・・・