2008-08-17 みちのく一人旅。VMJへの遠回りツーリング その7

8/17
いよいよ今回のツーリングも最終日となりました。
後は家に帰るだけ。なんですが、ただ帰るのはつまらない。
前夜、晩酌しながら考えたルートは3パターン。朝の天候によってどのルートで行くか選択しようかと。
ルート1 雨が降っていなければ、福島市から磐梯吾妻スカイラインで会津経由で帰宅。
ルート2 小雨なら、福島市から阿武隈高原経由で帰宅。
ルート3 大雨なら、福島市からそのまま国道4号を走って帰宅。
さて朝の天気は?と思い窓の外を見ると、小雨。
ってな訳で、ルート2の阿武隈高原を目指すことに。
国道114号~349号と走り、辿り着いた場所は

あぶくま洞
独り孤独に、鍾乳洞見物です(笑)
いや~、良かったな~!鍾乳洞最高!

言葉に表すことが出来ない、幻想的な地下世界が広がっていました。
それにしても、一人で鍾乳洞に来ていたのは、、、自分だけだったな。あははは
本当は、あぶくま洞ではなく、あぶくま洞の近くにある入水鍾乳洞に行きたかったんですよね~・・・
入水鍾乳洞は、蝋燭や懐中電灯の明かりを頼りに水に浸かったりしながら探検気分で鍾乳洞見物が出来るみたいなんですよね~。案内人が付くようですが。流石に、それを一人で。ってのはね(苦笑)

まっ、あぶくま洞は鍾乳洞の外の世界も綺麗で、満足出来ました!
鍾乳洞の目の前に立ちはだかる

崖も凄い!
駐車場からの景色も

最高!
小雨降る中行った甲斐がありました。

星の村天文台



ここからは、しばらくの間、国道ではなく県道を走りました。
まだまだ素直に家へは帰りません。せっかくのツーリングですからね!
次の目的地は
福島県白河市の近くにある浅川町にある貫秀寺というお寺。

このお寺には何と!300年位前に即身仏となられたお坊さんのミイラが観れます。
迷った挙句にやっと辿り着くも、お寺には誰もいない・・・
何度呼んでも誰も出てこない。中には誰もいないのかな?と思ったら、御婆さんが出てきて、コンニチハ。
ミイラを見せて頂きたいんですけど。といったら、「はいはい」ってな感じで、どっこいしょ。どっこいしょ。と呟きながら境内にあるお堂へ向かう途中、何と御婆さんったら、お墓参りに来ていた近所の方と井戸端会議・・・
その間自分は、10分以上、ボケッと待ち惚け。
そんな後に、やっとお堂の鍵を開けて頂き、ミイラをご開帳。
写真撮影は禁止と書いてあったので写真はありませんが、何だか優しい顔をした即身仏でした。
まっ、ここからはその御婆さんと世間話となりまして、かなりの時間、ミイラの前で、このお寺とは関係ない話を永遠と(笑)
まっ、92歳の女性とお話しする機会など余り無いし、話も面白くて味のあるお茶目な御婆さんだったので良い時間となりました!
もっともっと長生きして、元気に守り続けて頂きたいですね!

貫秀寺

その後は、再び激しい雨に降られて、撃沈・・・
他の観光予定はパスして、ひたすら自宅を目指し走って、無事、

帰宅!
出発した時はジャスト25000kmだったメーターも

7239kmに。
って事で、5泊6日 総走行距離 2239kmのツーリングも1つのトラブルも無く無事終了!
後半戦は雨塗れ。で残念賞な感じでしたが、それなりに充実した6日間となりました。
ロングツーリングは、いいですね~!!!
って、自分のツーリング内容を他人が見ると、本当に楽しいの?と思われそうですが(笑)いいんです。ソロツーリングが大好きなんで満足です。観光せずに雨の中走っても、満足。だってね、雲が降りてきた山々の姿見つつ、その雲の中にベスパで突入していく。なんて体験、中々できませんからね~。
帰路はいつも、次のツーリングは何処に行こうか。なんて考えながら走っていたり(笑)
今回も、お疲れ様&よく頑張りました。な、自分のベスパ。感謝です。
頭の中では、来年のゴールデンウィークは、島根県の出雲大社か。何て考えていたり。
さて、そん先の事より、明日の仕事。
仕事があるからこそ、ツーリングにも行けるんですからね。気合い入れて頑張ります。
明日の備えて、今夜はこの辺で。
オヤスミナサイ
ちょいヘベレケ